血液検査機器導入 ホルモン測定も可能に

この度、ホルモンや肝臓の機能測定が可能な血液検査機器を導入いたしました。

 

ワンちゃんネコちゃんの高齢化に伴い、ホルモンの病気が増えています。

これらは、症状が重篤な状態で見つかることも多いです。

副腎、甲状腺から出るホルモンを院内で測れるようになり、迅速な治療やご説明が可能となります。

また、先天的な肝臓病の診断補助や肝機能の確認などに有用な総胆汁酸も測定可能となり、麻酔前や肝機能低下を疑う場合などですぐに測定が可能になりました。

すぐに結果が出るため、ワンちゃんネコちゃんと飼い主様の負担も少なくなってもらえると幸いです。

 

また、以前も測定していた血液化学検査機器(腎臓や肝臓やなどの臓器の検査)も新しいものを導入いたしました。より早く結果が出るようになり、お待たせする時間も短くなると思います。

 

宮澤

 

 

投稿を作成しました 41

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る